ファッション

「ルイ・ヴィトン」や「シャネル」も彼らに夢中! 業界への影響を強めるK-POPスター 

有料会員限定記事

 K-POPスターが韓国やアジア市場のみならず、世界のヒットチャートを賑わせるようになって久しい。優れた楽曲や高いパフォーマンス力で知られる彼らの魅力にハマっているのは、音楽やアイドルのファンだけではない。最近では多くのラグジュアリーブランドも彼らに熱いラブコールを送っており、もはや争奪戦の様相を呈している。

 「ティファニー(TIFFANY & CO.)」は4月21日、ブラックピンク(BLACKPINK)のロゼ(ROSE)をグローバルアンバサダーに起用。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は4月23日、BTS(防弾少年団)がアンバサダーに就任したことを発表した。その際、同ブランドはBTSについて、「世界で最も名声と影響力を持つグループの一つ」だと紹介している。

威力を増した第二次K-POP旋風

 かつてビッグバン(BIGBANG)や2NE1も隆盛を極めたが、今回は単なるアンバサダーに留まらない。「グッチ(GUCCI)」は2019年にEXOのカイ(KAI)をアンバサダーに起用しているが、それに加えて21年2月にはコラボコレクションを発表。アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターは、大のテディベア好きのカイにインスピレーションを得て、ブルーのボウタイを着けたテディベアを描いたメンズとウィメンズのウエアとアクセサリーをデザインした。また「ディオール(DIOR)」は、21年3月にグローバルアンバサダーに就任したブラックピンクのジス(JISOO)を着想源としたコレクションを発表。影響がクリエイションにまで及んでいる。

 韓国のアイドルやアーティストは、日本や中国を含むアジア地域に加えて、今や米国や欧州でも大人気だ。BTSを例に挙げると、20年11月には米国の権威ある音楽チャート、ビルボード(Billboard)のシングルチャートで「Life Goes On」が初登場1位を獲得。主に英語以外の言語(この場合は韓国語)で歌われた楽曲が、同チャートで発売初週に1位となったのはこれが初めてのことだという。また21年3月に開催された米音楽界最高峰の音楽賞「グラミー賞(Grammy Awards)」では、韓国のアーティストとして初めてノミネートされている。

 こうしたK-POPスターの特徴の一つとして、熱狂的なファンベースを持っていることが挙げられる。さまざまなブランドが彼らとの協業を望むのも、それが大きな理由だ。

この続きを読むには…
残り3216⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら