ファッション

「グッチ」とEXOのKAIがコラボコレクション テディベアをあしらったアイテムが登場

 「グッチ(GUCCI)」は、K-POPグループEXOのKAI(カイ)とコラボレーションしたコレクションを公開した。アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)は、大のテディベア好きのKAIにインスピレーションを得て、ブルーのボウタイを着けたテディベアを描いたメンズとウィメンズのウエアとアクセサリーをデザインした。

 同コレクションのキャンペーンはミケーレの企画&クリエイティブ・ディレクションのもと、フォトグラファーに韓国のミン・ヒョヌ(Min Hyunwoo)とフィルム・ディレクターのキム・ウギ(Kim Woogie)を起用。KAIを韓国・ソウルのストリートで撮影し、人間とテディベアとの友情を表現している。映像は、KAIが巨大なテディベアと風船を買ったり、ドライブやダンスをしたり、友達と会ったりし、帰宅後は部屋で待っていたテディベアの仲間たちとゲームをするというストーリーだ。

 またコラボレーションに合わせて、クマ形の風船“ベア バルーン(Bear Balloon)”を用いたインスタレーションで知られるソウルのポップアーティスト、イム・ジビン(Im Jibin)と協業し、2体の巨大な“ベア バルーン”を制作。コレクションで描かれたテディベアと同じブルーのボウタイを着け、添えられた“HELLO”の文字は「シンプルで親しみやすい挨拶の言葉を通じて、人と人がつながる歓びを表現した」とジビンは述べる。コラボバルーンは、ソウルの清潭(チョンダム)「グッチ」ショップ、漢南(ハンナム)のヒュンダイカード ミュージックライブラリー前、カルチャースペースのコサイエティ(cociety)内にオープンするグッチ ピン(Gucci Pin)期間限定ショップに設置予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら