ファッション

BTSが「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーに就任 ヴァージルも祝福

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は韓国のボーイズグループBTS(防弾少年団)がアンバサダーに就任したことを公式インスタグラムで4月23日に発表した。

 「ルイ・ヴィトン」は公式インスタグラムでBTSについて「世界で最もシーンを超えて名声と影響力を持つグループの一つ」「ポジティブな影響を与えるメッセージで知られている」と称し、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターは「ラグジュアリーと現代のカルチャーを融合し、ブランドに新たな一章を加えてくれるであろう、この素晴らしいパートナーシップを楽しみにしている」とコメントした。

 BTSは過去に「グラミー賞(Grammy Awards)」などで「ルイ・ヴィトン」を着用していたほか、2021-22年秋冬メンズ・コレクション発表前の告知映像でも起用されていた。

 ビッグ ヒット エンターテインメント(Big Hit Entertainment)に所属するBTSは、RM、Jin(ジン)、SUGA(シュガ)、j-hope(ジェイホープ)、Jimin(ジミン)、V、Jung Kook(ジョングク)の7人で2013年に結成。18年には国連総会で演説を行い、20年にはBLM関連の団体に100万ドル(約1億1000万円)を寄付するなど社会的メッセージの発信力と、ファンである通称“アーミー(ARMY)”の社会問題への関心の高さでも知られている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら