ファッション

菅付雅信連載「不易と流行のあいだ」 K-POPはオリエンタリズムを超えるか

有料会員限定記事

 ファッションという「今」にのみフォーカスする産業を歴史の文脈で捉え直す新連載。37回目は韓国ブームに見るオリエンタリズムの行方を考察する。編集協力:MATHEUS KATAYAMA (W)(この記事はWWDジャパン2021年3月1・8日号からの抜粋です)

 私がパリコレのウィメンズに欠かさず通っていたのは、1997年から2005年の短い期間だが、その間にもショーの座席の勢力図にはっきりとした変化があった。中国や韓国などのアジア系ジャーナリストやバイヤーが徐々に増え、後半では日本人よりも中国人の席の方が優遇されているショーも多々あった。05年のあるショーでは、指定の座席に行くと、タレントのフワちゃんのように派手な中国人ブロガー(インスタグラムが登場する以前のこと)が座っていて、「そこは私の席だが」と座席番号が書かれた招待状を見せても、「絶対にどかない」と逆上された。結局中国人ブロガーは係員の指示で席を変えたが、パリコレは服を見るだけでなく、世界の勢力図を感じる場でもある。

 若手デザイナーの世界的登竜門として知られるフランス国立モード芸術開発協会が主催するANDAMファッション・アワードは、21年度の審査員にフィービー・ファイロ前「セリーヌ」クリエイティブ・ディレクター、フォトグラファーのユルゲン・テラーといったファッション業界の大御所に加え、K-POPグループBLACKPINKのLISAを選んだ。ANDAM賞初代受賞者のマルタン・マルジェラが18年に審査員になったように、権威ある審査員陣にK-POPアイドルが加わったニュースは、現在の韓国カルチャーの存在感を考えさせられる。

 ファッション界ではさらにもう一つの韓国ブームが起きている。多くのラグジュアリーブランドのアンバサダーにK-POPスターが選ばれているのだ。前述のBLACKPINKを例にとると、LISAは20年に「セリーヌ」のグローバルアンバサダーに就任している。同グループのROSEは「サンローラン」のブランドアンバサダー、JENNIEは「シャネル」のビューティアンバサダーに抜擢された。19年には「グッチ」がEXOのKAIを、20年には「カルティエ」が香港出身で韓国のボーイズグループGOT7のジャクソン・ワンを起用した。

 さらにラグジュアリーファッションとK-POPの結びつきを象徴する事例として、19年に「ディオール」のメンズ アーティスティック・ディレクターのキム・ジョーンズがBTSのステージ衣装を手掛けたことが挙げられる。今年で創業75周年となる「ディオール」が、初めてメンズポップグループに衣装提供をしたのだ。

この続きを読むには…
残り2151⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら