ファッション

菅付雅信連載「不易と流行のあいだ」 セカンドハンドがファーストプレイスになるとき

有料会員限定記事

 ファッションという「今」にのみフォーカスする産業を歴史の文脈で捉え直す新連載。35回目は盛り上がるセカンドハンズの行方を考察する。編集協力:MATHEUS KATAYAMA (W)(この記事はWWDジャパン2021年2月15・22日号からの抜粋です)

 私が住む下北沢には、ラグジュアリーブランドの店はほぼ皆無だが、古着、古本、中古レコードの店は至る所にある大セカンドハンドタウンだ。地元を歩いていると、コロナ禍にも関わらず新しい店が続々と誕生しており、その多くがセカンドハンドの店。この街ではセカンドハンドがメインだ。

 セカンドハンドが好調なのは日本だけではない。海外では米国最大の百貨店「ノードストローム」がニューヨークのウィメンズ館で「SEE YOU TOMORROW」という名のリセール(中古再販)売り場を2020年1月31日にオープンしたことが世界的に話題になった。

 「WWDJAPAN.com」20年2月29日の記事「日本の百貨店もリセールをする時代がくる? EC化率30%のノードストロームに見る“百貨店の未来”」 でも既に取り上げられているように、百貨店がリセールをする時代はもう訪れている。日本でも19年4月に高級ブランドのリセールサイト「リクロ」が実店舗を伊勢丹新宿本店と三越銀座店にオープンした。百貨店は新品だけを売るというのは過去の話になりつつあるのだ。

 ここでセカンドハンド/リセールの市場を見てみよう。矢野経済研究所の調査によると、19年の国内ファッションリユース市場規模は前年比16.1%増の7200億円、22年の国内ファッションリユース市場は小売金額ベースで、9900億円になると予測する。急成長であり、現在のゴールドラッシュと言っていい。市場を大きく押し上げているのは、フリマアプリの存在だ。ネット販売のCtoCでは、35.6%増の6905億円に拡大。ネット販売全体では、1兆222億円とリアルの市場を初めて上回った。

この続きを読むには…
残り2365⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら