ファッション

主要7百貨店の21年春夏特選商況 カギは富裕層、一昨年同期を上回った店舗も

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」では、毎シーズン恒例で行っている有力百貨店の特選(ラグジュアリーブランド)売り場への取材を、2021年春夏シーズンも実施した。アンケート形式の取材には全国26の百貨店に協力いただき、そのうち7社には個別で取材も行った。ここでは、個別で7社に聞いた1〜6月の商況をレポートする。各社、コロナ禍で初めての休業に苦しんだ前年同期に比べると大幅に伸ばしている。それだけでなく、コロナ禍前の一昨年同期の売り上げも上回っているという店舗も少なくない。免税売り上げは失ったが、コロナバブルに沸く富裕層の旺盛な消費意欲がそれを完全にカバーしている形だ。

【主要百貨店の1〜6月の特選商況】

この続きを読むには…
残り0⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら