ファッション

ポップアップやギャラリーで常に変化する渋谷パルコ 21年春夏の好調ショップは?

有料会員限定記事

 ここだけにしかない個性的なショップを数多くそろえ、2019年11月にオープン。ファッション&ビューティ、飲食だけでなく、カルチャーやエンターテインメントもまとめて1館に収めているのが渋谷パルコだ。渋谷カルチャーの発信源の一つであり、常に話題にあふれる。そんなパルコの柏本高志執行役員渋谷店店長に春夏の商況を聞いた。

WWD:1〜6月の商戦を振り返ると?

柏本:1、2月はオープン効果の反動に加え、訪日客売り上げの大幅減・緊急事態宣言の影響を受けた。4月25日〜5月13日に全館休業したが、3月以降は前年をクリア。6月は42%増だった。オープンから1年以上が経ち、パルコポイントの利用が大幅に伸びている。公式アプリ、ポケットパルコの登録者数も増え、顧客との結び付きがどんどん高まっている。セゾンカードとの連携もスタートして、さらに利用客が増え、そこが安定した基盤になってきている。

WWD:そんな中、好調だったショップは?

この続きを読むには…
残り1406⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら