ファッション

若い男性客が急増中の玉川高島屋S・C 春夏で好調だったブランドは?(2021年上半期)

有料会員限定記事
 開業から50年以上の歴史があり、近隣に多く住む富裕層との関係性が深いのが玉川高島屋S・Cだ。ラグジュアリーから生活雑貨まで幅広くそろえ、広く落ち着いた雰囲気の中でショッピングが楽しめる。コロナ禍で苦戦しつつも、駐車場が多いことも後押しして、新たな客層が流入しているようだ。森脇公一・東神開発営業本部玉川事業部第1営業グループ グループマネージャーに聞いた。

WWD:1〜6月の商戦を振り返ると?

森脇:前年の2月まではコロナの影響がなかったので、上半期を通しては前年を超えられず。しかし、3〜6月で比べると休業期間が短かったので、今年は44%増だった。とはいえ、19年度実績にはまだまだ届かない。

この続きを読むには…
残り1524⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら