ファッション

有力店バイヤーがメンズ・トレンドをぶった切り

有料会員限定記事

 ここ数年でショーツの再燃が顕著になっている。バミューダショーツは独自の素材やデザインで変化させるブランドが多く、トレンドの勢いを増幅させる予感。2022年春夏メンズ・コレクションから、「WWDJAPAN」取材チームがデジタルや現地で見いだした7つのトレンドを提案する。さらに今回は、国内有力店のバイヤーが、そのトレンドをリアルなビジネス視点から10点満点で評価。リゾートへの欲求をストレートに反映した「アーバン・リゾート」や大人も取り入れやすいバミューダショーツなどは、消費者ニーズにも合致するのか?百貨店から人気の個店まで、売り場のプロがぶった切る。(この記事はWWDジャパン2021年8月2・9日合併号からの抜粋です)

■参加バイヤー
・伊勢丹新宿本店メンズ館 國友崇裕/新宿紳士営業部セレクト担当メンズ館2階・6階バイヤー 
・阪急メンズ東京、阪急メンズ大阪 香西俊郎/バイヤー
・ユナイテッドアローズ 内山省治/ファッションディレクター
・インターナショナルギャラリービームス 服部隆/メンズディレクター
・リステア 浅野康行/メンズウエアバイヤー・ECマネージャー
・アマノジャク 小山逸生/ディレクター


【TREND WARD 1】
アーバン・リゾート


 行楽地に行きたいという思いを強く反映したデイリーなリゾートスタイル。ビーチやサファリなどをベースにし、アクティビティー要素と都市生活向けの機能性やデザインを兼ね備える。ボタニカルプリントやアースカラー、テクニカル素材、ギア系ギミックなど。

 


この続きを読むには…
残り564⽂字, 画像42枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら