ビジネス

全国百貨店で好調だったラグジュアリーブランドは? 神奈川〜鹿児島編(2021年上半期)

有料会員限定記事

 度重なる緊急事態宣言で苦境に立たされている百貨店だが、実は特選・宝飾売り場は前年はもちろん、コロナ禍前の前々年を超える勢いのところが少なくない。続く株高と海外への渡航規制で、富裕層の消費は国内での消費に向いているようだ。

 では、どんなブランドが売れているのか。全国百貨店の特選売り場に1〜6月に好調だったブランドを聞いた。中には前年実績を2倍以上上回るブランドも。活況を呈している。なお、文中のパーセンテージは対前年同期比で、小数点0.1以下は四捨五入している。(この記事は「WWDJAPAN」2021年8月30日号の定期購読者特典「ビジネスリポート」からの抜粋です。「ビジネスリポート」にはより詳しい情報も掲載しています

この続きを読むには…
残り3305⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら