ビジネス

全国百貨店で好調だったラグジュアリーブランドは? 神奈川〜鹿児島編(2021年上半期)

有料会員限定記事

 度重なる緊急事態宣言で苦境に立たされている百貨店だが、実は特選・宝飾売り場は前年はもちろん、コロナ禍前の前々年を超える勢いのところが少なくない。続く株高と海外への渡航規制で、富裕層の消費は国内での消費に向いているようだ。

 では、どんなブランドが売れているのか。全国百貨店の特選売り場に1〜6月に好調だったブランドを聞いた。中には前年実績を2倍以上上回るブランドも。活況を呈している。なお、文中のパーセンテージは対前年同期比で、小数点0.1以下は四捨五入している。(この記事は「WWDJAPAN」2021年8月30日号の定期購読者特典「ビジネスリポート」からの抜粋です。「ビジネスリポート」にはより詳しい情報も掲載しています

この続きを読むには…
残り3305⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら