ファッション

Z世代はラグジュアリーブランドがお好き 「セリーヌ」が伸長率1位となった2022年春夏の百貨店特選商況【後編】

有料会員限定記事

 百貨店で特選(ラグジュアリーブランド)や宝飾が好調であることの最大のドライバーが富裕層であることは間違いないが、一方で「ラグジュアリーブランドが一般の若年層も取り込んでいる」とも百貨店各社は口をそろえる。2022年1〜6月の百貨店高額品商況を取材した。(この記事は「WWDJAPAN」2022年8月29日号別冊付録の定期購読者特典「ビジネスリポート」からの抜粋です)

 「コロナ禍以降、特選フロアで20〜30代の比率が高まっている」と話すのは松屋銀座本店。「従来は“アクセシブルラグジュアリー”ブランドや国内ブランドを購入していた若い客層までラグジュアリーを買うようになっている」(そごう・西武)といった流れを各社が指摘する。ラグジュアリーブランドはSNS広告やセレブリティ起用などでメディア露出が多く、サステナビリティの発信も盛ん。ブランドの歴史を語る大型展覧会などもコロナ禍以前のように増えてきた。そうした数々のマーケティング施策が、「今の若い世代は、買い物で失敗したくないという意識が強い」(大丸松坂屋百貨店)という傾向とがっちりかみ合っている。

 ただし、アイコンバッグは言うに及ばず、財布などの革小物も数年前に比べると値上がりしており、若い世代の入門商品とはなりにくい。ピアス、シュシュなどのファッションアクセサリーや香水などが革小物に代わる入門商品となっており、それらを手厚くそろえているブランドがZ世代を含む若年層をつかんでいる。

この続きを読むには…
残り924⽂字, 画像11枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。