ファッション

TASAKIが来夏ロンドンにブランド初の欧州旗艦店オープン

 ジュエラーのTASAKIは2018年夏、ロンドンのニュー・ボンド・ストリートにヨーロッパ初の旗艦店をオープンする。複数フロアにわたる店舗では、9月に新クリエイティブ・ディレクターに就任したプラバル・グルン(Prabal Gurung)による新ライン“TASAKI アトリエ”を筆頭に、ジュエリーからウオッチまでフルラインを展開する。

 ニュー・ボンド・ストリートは、「シャネル(CHANEL)」や「エルメス(HERMES)」「ディオール(DIOR)」などが店舗を構えるラグジュアリー・ブランドのショッピング・ストリート。宝飾・時計では「ブルガリ(BVLGARI)」や「ブシュロン(BOUCHERON)」「ピアジェ(PIAGET)」「ショーメ(CHAUMET)」のほか、「ミキモト(MIKIMOTO)」もショップを構える。

 TASAKIは昨年12月、ロンドンの百貨店ハーヴェイ・ニコルズに直営店をオープンしたほか、パリ・ヴァンドーム広場の高級ホテル「リッツ パリ(RITZ PARIS)」にもブティックを設けるなど、海外展開を加速している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら