ファッション

TSUTAYA初の本格自社ブランド、女性のオンオフに向けた文房具・雑貨を180店舗で販売

 TSUTAYAは11月1日、文具ブランド「ヘデラ(HEDERA)」と雑貨ブランド「ルリエル(LELIERRE)」という2つのプライベートブランド(PB)を発売する。ターゲットは“スタイルにこだわり、豊かにしなやかに生きる”女性。カルチュア・コンビニエンス・クラブ傘下のCCCフロンティアデザインがデザインを手がける。ブランド名はそれぞれラテン語とフランス語で“蔦”を意味する。

 文具を扱う「ヘデラ」からはボールペン(450円)やシャープペン(450円)、ノート(550円)、ハサミ(650〜680円)、電卓(1350円)など25アイテムを用意。休日向けの「ルリエル」ではフラットポーチ(1000円)やランチトート(1480円)、しおり(230円)、真空ボトル(1280〜1580円)など5アイテムをそろえる。まずはツタヤや蔦屋書店など全国180店舗で販売する。今後は商品数を増やしながら、年度内に200店舗まで販売店舗を広げ、19年3月には500店舗での販売を目指す。

 これまで蔦屋書店限定で高級文具などを生産・販売したことはあったが、店舗を横断して販売するPBはこれが初めて。ツタヤや蔦屋書店は利用客の過半数が女性といい、レンタル事業ではない新たなビジネスを目指して女性向けのPB事業をスタートした。「ヘデラ」のデザインを手掛ける矢原拓CCCフロンティアデザイン社長は、「シンプルで飽きのこないものを意識しながらも、子供っぽくならないようにデザインをした」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら