ファッション

「ツタヤ」でヨガ&運動ができる 新サービス「ツタヤ コンディショニング」始動

 TSUTAYAが9月29日、“こころとからだを整える”新サービス「ツタヤ コンディショニング」を初導入した「ツタヤ」桜新町店をリニューアルオープンする。これまでレンタル商品を扱っていた2階を全て「ツタヤ コンディショニング」のためのスペースに刷新。ヨガスタジオやマシーンルーム、シャワールーム、パーソナルヨガスペースを設けた。

 ウェブで事前登録・決済をして、店頭で会員カードを受け取る。カードを使って2階の専用スペースに入れば、全ての設備を利用することができる。月60〜70回のヨガクラスも開催予定で、会員ならウェブ予約だけで無料参加できる。2階にある書籍も閲覧自由で、運動をしながら自由に読むことができる。

 また、1階には従来の書籍コーナーに加えて、物販スペースを用意。「ツタヤ コンディショニング」の“運動・美・食・知”の4軸に関連した書籍や雑貨をそろえる。2階にあったレンタルもここに集約し、厳選した約2500タイトルを並べる。店頭にない作品は取り寄せできる。

 料金体系は3パターンある。施設利用に加えて提携する「ニューバランス(NEW BALANCE)」のウエアの貸し出しや契約ロッカーの利用ができる100人限定のプラチナ会員が月額1万5800円、施設利用とタオルレンタルのみのゴールド会員が月額1万2800円、施設利用だけのライト会員は月額8800円だ。

 「提案するのはフィットネスではなく、あくまでコンディショニング。頑張って鍛えるのではなく、ライフスタイルに運動を取り入れて、体を整えることが目的。歯磨きと同じように毎朝の生活に運動を取り入れてほしい」と同社。今後の店舗拡大は未定で、まずは1店舗目の成功を目指すという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら