ファッション

停滞するファッション業界を一般人が救う!? 増えるマッチングサービスに注目

 ファッション企業と一般人をつなぐマッチングサービスが増えている。1月3日に発足したカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)の写真事業を統括する子会社CCCフォトライフラボが5月22日、企業と個人をつなぐ出張撮影マッチングサービス「トルッテ(torutte)」をローンチした。SNS映えする写真を求める企業と、同社が“ソーシャルグラファー”と呼ぶSNS向けの写真を得意とする個人をつなぐCtoBビジネスだ。

 「トルッテ」では、企業がアプリ上で撮影希望ジャンルと写真の雰囲気を選ぶと、オススメの“ソーシャルグラファー”がリストアップされる。希望する “ソーシャルグラファー”がいた場合は、リクエストを送信して仕事の発注をすることができる。まずは首都圏を中心にサービス提供し、 対応エリアを順次拡充していくという。現在は数十名の“ソーシャルグラファー”しかいないが、今後は同社が抱えるプロカメラマンを含めて人数を増やす。

 ファッション業界と一般人をつなぐマッチングサービスは今年に入ってから複数ローンチされている。スナップマートは4月、インスタグラムで多くのフォロワーを抱えるインスタグラマーに広告ビジュアルなどを撮影してもらう人材サービス“ブツ撮り出張サービス”をスタートした。企業が公式に使用するビジュアル撮影をアマチュア女子がアイフォン片手に行う同ビジネスは、これまでなかった“CtoBサービス”としてリリース当初から大きな話題を呼んだ。15〜20枚の写真撮影に9万8000円〜12万8000円と決して安くはない金額設定だが、ローンチ後1カ月で50件以上の問い合わせがあったという。また、保坂忠伸スプリング オブ ファッション最高経営責任者(CEO)が手がけるクリエイターと企業をつなぐクラウドソーシングサービス「ソフ プロジェクト」も5月中の本格ローンチを予定している。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら