ファッション

新規顧客や地方客獲得の新ツールに 広がるジュエリーのデジタル接客

有料会員限定記事

 新形コロナウイルスの感染拡大で、デジタル接客が広がっている。緊急事態宣言発令で店舗休業を余儀なくされてデジタル接客を始めたジュエラーが増加。物理的に対面で接客ができない状況下において、デジタル接客は売る側、買う側にとって便利なシステムだ。しかし、消費財と違ってデジタルで高額ジュエリーを販売するのはそう簡単なことではない。ここでは、「ショーメ(CHAUMET)」と「ブシュロン(BOUCHERON)」によるデジタル接客の現状についてリポートするとともに、その課題、そして可能性について探る。(この記事はWWDジャパン2020年12月21・28日号からの抜粋です)

 パリ発「ショーメ」は5月11日、「サロン ド ショーメ オンライン(以下、ショーメ オンライン)」というサービスをスタートした。外出できない状況下で自宅にいながら、まるでブティックを訪れているかのようなサービスをLINEやZoomなどのアプリを使って提供するというものだ。スタート当初から好評で、利用者は新規や地方客が多い。特にマリッジリングについての相談が多く、約半数がオンラインで購入するという。

この続きを読むには…
残り1204⽂字, 画像12枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら