ファッション

LVMH買収後のティファニーはどうなる? アナリストが予想

有料会員限定記事

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は10月29日、当初中止を表明していたティファニー(TIFFANY & CO.)の買収について、買収価格を当初の1株当たり135ドル(約1万4000円)から131.50ドル(約1万3600円)に引き下げて実行する旨の契約を締結したことを明らかにした。買収の完了は2021年初頭を予定しており、両社は契約の合意に伴い、泥沼の様相を呈していた訴訟問題についても申し立てを取り下げる。

 米資産運用会社バーンスタイン(BERNSTEIN)でラグジュアリー分野を担当するルカ・ソルカ(Luca Solca)=シニア・リサーチ・アナリストは、「LVMHは大衆に向けて特別感を発信することに長けている。それはティファニーが最も恩恵を受けるメリットだろう。LVMHは当初162億ドル(約1兆6848億円)でティファニーの株式公開買い付けを行うと発表していた。ティファニーは現在も同様のポテンシャルを持っていると思うが、現状のリーダーシップでは力不足だろう。LVMHが今後ティファニーの新しいリーダーを任命するのは当然の流れだ。おそらくジュエリーのデザインに精通した人物が必要だ」とコメントした。

 現在、ティファニーのチーフ・アーティスティック・ディレクターはかつて「コーチ」のエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターだったリード・クラッコフ(Reed Krakoff)が務めている。ソルカ=シニア・リサーチ・アナリストはLVMHがジュエリーデザインをアップデートし、時計のデザインも若返らせて、店舗ネットワークの合理化や、デジタル業務とブランドコミュニケーションの改善を図るだろうと予測する。「LVMHはティファニーの価値を高めるために必要なものを持っている」と語った。

この続きを読むには…
残り1233⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら