ファッション

「ベイプ」が家具、インテリアグッズのプロジェクト“ベイプ ホーム”をスタート

 「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R) )」は家具、インテリアグッズのプロジェクト“ベイプ ホーム(BAPE HOME)”をスタートする。

 新型コロナウイルス感染拡大でおうち時間が増え、インテリアのニーズが高まったことから始まったプロジェクトだ。

 2002年に開店したベイプ カフェ!?(BAPE CAFE!?)で使用したカフェテーブルが登場する。家具メーカー、カリモクと「ファブリック(FABRICK)」との協業で以前に発売したソファ、シェルフ、フローリングテーブルもリニューアルして発売する。

 受注生産とレギュラー販売のアイテムがある。“ベイプ ホーム”の特設サイトから受注の受け付けと順次販売を行なっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら