ファッション

カリモクがミラノサローネでシンプルなチェア発表 ドイツのデザイナーと組み

 インテリアの製造から小売までを手掛ける国内最大手の家具メーカーのカリモクの家具ブランド「カリモク ニュー スタンダード(KARIMOKU NEW STANDARD)」は4月17〜22日、世界最大の家具見本市のミラノサローネ国際見本市(SALONE DEL MOBILE. MILANO以下、ミラノサローネ)で新作家具を発表する。あわせて、ミラノを拠点に活動する猪田恭子とニルス・スバイエ(Nils Sveje)によるデザインチーム、イノダ + スバイエ(INODA + SVEJE)のソファの新コレクション“クンスト(KUNST)”シリーズの新作発表会もミラノ市内で開催する。

 ミラノサローネで同ブランドは、ベルリンで活動するデザインチームのゲッケラー・ミヘルス(GECKELER MICHELS)、国籍の異なる3人によるデザインチームのビッグ・ゲーム(BIG-GAME)、ドイツ出身のインダストリアル・デザイナーのクリスチャン・ハース(Christian Haas)らによる新作家具を出展。ゲッケラー・ミヘルスは汎用性の高いシンプルなデザインの椅子を、ビッグ・ゲームはテレビボードに収納を組み合わせたような棚を、クリスチャン・ハースは本やCDなどの収納棚をそれぞれ発表する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら