ファッション

「ブルーボトルコーヒー」がカリモクと協業してオリジナル椅子を発売 みなとみらいの新店舗にも導入

 ブルーボトルコーヒージャパン(BLUE BOTTLE COFFEE JAPAN)は日本の家具メーカー、カリモク家具とコラボしたオリジナルの椅子を製作した。9月25日にオープンした横浜の新店舗「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」で使用しており、2021年3月31日まで公式オンラインストアで販売する。

 新店舗のデザインは建築家の芦沢啓治氏が担当。家具は椅子を含め全て、芦沢氏とデンマーク・コペンハーゲンのデザインスタジオ「ノーム・アーキテクツ(NORM ARCHITECTS)」が協働でデザインし、木製家具で知られるカリモク家具が製作した。曲線と木の温かみや柔らかさが特徴だ。その中の3種類の椅子を“カリモクケーススタディ フォー ブルーボトルコーヒー”コレクションとして発売する。

 “カフェチェア”(6万3700円)、“バースツール”(7万7500円)、“サイドチェア”(13万5600円)を用意した。受注生産のため注文から1カ月半~2カ月で発送する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら