ファッション

「アンリアレイジ」とオンワード樫山がバッグ&アクセサリーブランド設立 樹脂に花を閉じ込めたパーツが特徴

 「アンリアレイジ(ANREALAGE)」とオンワード樫山は、樹脂の中に花を閉じ込めたパーツがアイコンのバッグ・アクセサリーの新ブランド「アンエバー(ANEVER)」をスタートさせる。なお「アンエバー」は「アンリアレイジ」の新バッグ・アクセサリーラインとしても位置付ける。

 “A REAL(日常)”“UN REAL(非日常)”“AGE(時代)”を由来とする「アンリアレイジ」のブランド名の構成と同様に、「アンエバー」のブランド名は対極の概念である“A NEVER(一瞬)”と“AN EVER(永遠)”をつないだ。“対極の概念をつなぐプロダクト開発”をコンセプトに、個性的な生き方が受け入れられる新しい時代のなかで、自然の流れを愛でながら自分自身で豊かな生活を開花させ続けられる女性に向けて、バッグとアクセサリーを展開する。

 商品は、アクリル樹脂の中にドライフラワーを閉じ込めたパーツをアイコンとするレザー・キャンバス地のバッグ、ネックレス・イヤリングなどをそろえる。“対極の概念をつなぐ”というブランドコンセプトを「種から芽が出て花が咲き、その花の最も美しい瞬間を樹脂に閉じ込めたパーツは、花の命の瞬間を永遠に変える」ことで表現する。

 ドライフラワーを散りばめ、樹脂で固めるという生産手法の特性から、世界に一点しかないという価値を提供できるという。バッグの価格帯はは6000~15万円、アクセサリーは2000~7000円。

 「アンエバー」のファースト・コレクションはパリ・ファッション・ウイーク期間中の9月29日に、オンラインで配信した「アンリアレイジ」2021年春夏コレクションで初披露。オープニング映像に登場した平手友梨奈も、「アンエバー」のトライアングルピアスを着用していた。

 ショー配信後から「アンエバー」の一部アイテムの予約販売を「アンリアレイジ」の公式ECサイトで開始した。21年3月上旬から、「アンリアレイジ」の旗艦店、渋谷パルコ店、公式ECサイトやオンワードグループの公式ECサイト「オンワード・クローゼット」などで一般販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら