ファッション

ストリートフォトの先駆者が撮る「奇妙なミラノ」 パンデミックで変わったファッション・ウイークのリアル

 9月22〜28日に2021年春夏シーズンのミラノ・ファッション・ウィーク(以下、MFW)が開催された。リアルとデジタルの両軸で行われる初のMFWとなった今季、来場者は例年の3分の1かそれ以下だった。来場者はイタリア近隣諸国から訪れたものの、ファッション業界の関係者でさえ極めて少なかった。そのためか、各ブランドのショー会場には顧客らしき人物の割合が例年よりも多いように見られた。来場者は屋内外を問わずマスク着用が必須で、ストリートスタイルを撮影するフォトグラファーが被写体に向かってマスクを外してほしいとリクエストするシーンに何度も遭遇した。トレンドもなければ、奇抜なファッションもほとんどない。そんな異例ともいえるファッション・ウイークをストリートカメラマンたちはどう見たのだろうか。

 2010年から各都市のファッション・ウイークに赴き、ストリートフォトの先駆者として活躍してきたアダム・カッツ・シンディング(Adam Katz Sinding)は、今季のミラノを「奇妙だった」と振り返る。「この時期は天候に恵まれていたのに、今季は暗い雲が垂れ込めて灰色の光や雷雨にも見舞われたんだ。でもヨーロッパを拠点にする業界人をショー会場でわずかながら見かけたし、予想よりは盛況だったかな。ただ、再会を喜ぶ笑顔はマスクやスカーフに隠れて見られなかった。あいさつのハグや頬のキスは少ないし困難な状況だったけど、写真には満足しているよ」。シンディングはリアルな瞬間を切り取るドキュメンタリー写真を得意としているため、通りを歩く人の足を止めることも、マスクを外すよう依頼をすることもなかったという。「僕自身は、母が作ってくれた布製のマスクを着用していたんだ。悪天候であってもサングラスを外さず、小さなボトルの消毒ジェルを持ち歩いていたよ。あいさつは距離を取って言葉を交わすか、肘を合わせるだけさ」と、自身も対策をして現場に臨んだことを明かす。シンディングがミラノを訪れるのは2月のMFW以来となった。「約6カ月ぶりにミラノに戻ってきて、街が想像以上にもと通りになっていたからうれしいんだ。だって、カフェで落ち着いて席に座れることすら驚きなんだから」。

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら