ファッション

AMIAYAやアリアナさくらが増上寺を歩いた「アツシ ナカシマ」のコレクション バックステージには初披露のアイライナーも登場

 「アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)」はミラノ・ファッション・ウイークで、2021年春夏のショーをオンライン配信した。

 コレクションのテーマは“和魂洋才”で、「日本古来の精神を尊重し、西洋から優れた知識と技術を摂取し活用して、調和と発展を目指したい」という思いを込めた。特攻服からインスピレーションを得た刺しゅうを施したトレンチコートやシャツ、日本画をリスペクトした龍や虎のイラストが入ったアウターなどが登場した。

 撮影場所には“日本の美しい文化を世界に発信したい”という意図から、600年以上の歴史を持つ増上寺を選択。AMIAYAやアリアナさくら、AKIRA、TaikiとNoah、NANAといった人気モデルがランウエイに見立てた境内をウオーキングした。

 モデルのヘア&メイクに関して、ヘアのヘッドアーティストを務めた雑賀英敏「トニーアンドガイ(TONI&GUY)」インターナショナルアーティスティックディレクターは「日本の髪の美しさといえば艶。フォルムはシンプルにし、面を作って艶感を強調することを心掛けた」とコメント。メイクのヘッドを務めた松森あず沙ヘア&メイクアップアーティストは「全体的にモデルの個性を生かしつつ、和を意識した切れ長のアイラインをポイントにした」と話した。

 バックステージで使用したアイライナー“ニブ リクイドアイライナー BK1”は、「アツシ ナカシマ」が初めて手掛けたジェンダーフリービューティライン。美容健康商材の企画製造などを手掛けるイースマイルとの協業で、日本の技術を駆使して毛先のバラつきを抑えたニブ筆を採用。独特の弾力とコシがあり、アイライナー初心者でもきれいにラインを引けるように設計されている。

 日本の愛媛県でしか採取できない成分であるマテラ鉱石を配合し、人の手のようなぬくもりを演出、“落ちにくい、にじまない、でも肌に優しい”処方を実現した。和を想起させる幾何学模様に、マテラ鉱石が生み出す自然の模様を組み合わせ、ブランドのシグネチャーの一つである“直線美”を表現したデザインにも注目だ。公式サイトのほか、来春には店頭での販売も予定している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら