ファッション

楽天が日本発ブランドを支援するプログラム 東コレで「ダブレット」「ファセッタズム」のショー支援

 楽天は日本発のファッションブランドを支援するプロジェクト「バイアール(by R)」を立ち上げ、10月12~17日に開催する2021年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」で「ダブレット(DOUBLET)」と「ファセッタズム(FACETASM)」のファッションショー開催の支援を行う。

 10月12日に「ダブレット」、16日に「ファセッタズム」のファッションショーを通販サイト「楽天ファッション」内で配信。ファッションショーは無観客または限られた観客数を招待して開催され、ファッション業界だけに限らず、一般客も閲覧可能にし、ブランドの認知向上に貢献することを目指す。

 それぞれのブランドは現在、パリ・メンズ・ファッション・ウイークでコレクションを発表しており、「ダブレット」は3年半ぶり、「ファセッタズム」は6年ぶりの東京でのファッションショー開催となる。

 「ダブレット」の井野将之デザイナーは「7月のパリのデジタルファッションウィークで新作を発表しましたが、僕らだけでは出来ないことを『バイアール』の枠組みの中で、また違う見え方で発表したいと思って います。『楽天 ファッション ウィーク東京』を一緒に盛り上げていければと思います」とコメント。「ファセッタズム」の落合宏理デザイナーは「ここ数年間、ミラノやパリで戦ってきましたが、価値観や環境が変わってしまった今年、6年ぶりに東京でショーを行う事に意味を感じています。僕らが経験してきた時間や想いを、強いクリエーションとして注ぎ込んでいきます」と話している。

 楽天はアマゾン ファッションの後任として19年10月から東京ファッション・ウイークの冠スポンサーに就任。新型コロナウイルスの影響で中止となった3月の2020-21年秋冬シーズンには、「楽天ファッション」内にファッションウイークの参加ブランドを中心に集めた期間限定ECをオープンさせるなど連携をとってきた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら