ファッション

最重要キーマンに直撃「楽天がファッションに“本気を出す”理由」

有料会員限定記事

 楽天にとって2019年は、ファッション事業改革の元年ともいえる1年だった。8月に東京ファッション・ウイークの冠スポンサー契約を締結後、10月にはファッションブランドのアイテムを集積した「楽天ブランドアベニュー」を「楽天ファッション」として一新するなど、急ピッチで改革を進めている。なぜ今ファッションなのか。そして賛否両論が起こった東コレに何を思うのか。ファッション事業の責任者に話を聞いた。(この記事はWWDジャパン2019年12月23日号からの抜粋です)

 楽天の9月。これまで長くても5年程度だった冠スポンサーを三木谷会長兼社長が「最低でも10年は続けたい」と異例の長期支援をぶち上げた。10月の「楽天 ファッション ウィーク東京(RFWT)」では、日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)と連携した新たな施策に注目が集まったが、初回は特に大きな動きはなく無難に終了した。賛否両論を巻き起こしたものの、冠スポンサーの楽天は慎重な姿勢を見せる。ファッション事業部ジェネラルマネージャーの松村亮執行役員は「初回は、何か大きな企画をやる時間はなかった。ただ、われわれが点でサポートしていくよりも、まずは東京のファッション・ウイークのゴールはどこなのか、何をもって成功したといえるのか、という共通認識や言語が必要だ。契約締結から議論を重ねる中で、その部分が欠けていると感じた」と冷静に振り返る。

この続きを読むには…
残り1845⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。