ファッション

「アンリアレイジ」がパリコレのデジタルショーに平手友梨奈を起用 ヘッドピースは隈研吾が制作

 森永邦彦による「アンリアレイジ(ANREALAGE)」はパリ・ファッション・ウイーク(以下、パリコレ)期間中の9月29日20時30分(日本時間)に、2021年春夏のショーをオンラインで配信する。コレクションのテーマは“HOME”。会場となるのは富士山の麓に位置する朝霧自然公園だ。ショーのオープニング映像には元欅坂46の平手友梨奈を起用。ショーの映像は映像作家・監督の田中裕介と鯨井智行が、サウンドディレクションはサカナクションの山口一郎とNFの青山翔太郎が担当した。さらに、建築家の隈研吾が“小さな建築”としてヘッドピースを手掛けた。

 ショーの映像は、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会(Federation de la Haute Couture et de la Mode)が運営するパリコレの専用プラットフォームのほか、「アンリアレイジ」公式サイトのトップページや同ブランドの公式インスタグラムで配信される。また同日20時45分からはバックステージムービーも公開する。

 「アンリアレイジ」は19年春夏コレクションのコンセプトムービーでも平手友梨奈を起用しており、そのときと同じスタッフが今季の映像も担当している。

 21年春夏のパリコレには計84ブランドが参加。そのうち「アンリアレイジ」など46ブランドがデジタルで発表することを選択した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら