ファッション
連載 今、デザイナーができること

連載「今、デザイナーができること」Vol.23 森永邦彦「ファッションを通して、“新しい日常”をつくる」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中で不透明な状況が続いている。そんなときに、ファッションは何ができるのか。生産者から販売員まで業界全体が不安を抱えている状況に、ファッションデザイナーたちは何を思うのか。日々変化する状況に対応しながら、それでもファッションの力を信じ続けるデザイナーたちの声を連載で紹介する。今回は2003年にブランドをスタートさせ、14年からはパリ・ファッション・ウイークでコレクションを発表し続ける「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦デザイナーが登場。

ANREALAGE
森永邦彦

Q 不安が続く状況下で、ファッションデザイナーが人々にできることは?

 何が大切なのかを考えながら仕事をする日々が続いている。ブランドをはじめてから今まで異常なスピードで走り続け、立ち止まることが許されない世界にいた。しかし、今はじめて少し止まって、日常について、ファッションについて、ブランドについて、何を大切にしてこの先進むべきなのか、その答えを自分の中に種を植える作業をしている。

 これまで、「アンリアレイジ」のファッションは“日常を変える装置”だと信じて活動を続けてきたが、今は日常が非日常となり世界が変わってしまった。今ファッションを“日常を取り戻す装置”として、日常を取り戻さなくてはいけないとき。ファッションを通して、新しい日常をつくること。今の環境下でやれること、今私たちが作るべき服に対して真摯に取り組みたい。

 店舗が営業できない状況で、自分たちにできることはないかと考えはじめたのがZoomを使ったリモートショップ。ECで服を販売する中で必然的に欠落していたコミュニケーションを重視し、デジタルでの購入にフィジカルな体験を付加する試み。販売を行う場ではあるが、会えなくなってしまった顧客とコミュニケーションをとり続ける目的が大きい。一人40分間の完全予約制で、いつもより深い特別な接客ができて売り上げも好調だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。