ファッション

連載「今、デザイナーができること」Vol.19 茅野誉之「今役立てることは少ない。少し先の未来に高揚する服を届ける」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中で不透明な状況が続いている。そんなときに、ファッションは何ができるのか。生産者から販売員まで業界全体が不安を抱えている状況に、ファッションデザイナーたちは何を思うのか。日々変化する状況に対応しながら、それでもファッションの力を信じ続けるデザイナーたちの声を連載で紹介する。今回は、2014年に「チノ(CINOH)」を立ち上げた茅野誉之ザイナーが、ファッションデザイナーの役割を冷静に語る。

CINOH
茅野誉之


Q.今、デザイナーができることは?

A.現状、ファッションデザイナーとして世の役に立てることは少ない。ウイルスと共存しながら経済が動き始めたとき、気持ちを高揚させる服を届けることが使命だ。2021年春夏はパリでの発表を中止するため、海外バイヤーへの対応策を再考しなければならない。国内展に合わせて発信する方法もあるが、デザインの意図やディテール、素材が表層的にしか伝わらないのではと危惧している。考えうる状況をできる限り想定し、社員とブランドを守れるように動きたい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら