ファッション

連載「今、デザイナーができること」Vol.1 三原康裕「業界の不快な茶番劇が変わる機会になれば」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中で不透明な状況が続いている。そんなときに、ファッションは何ができるのか。生産者から販売員まで業界全体が不安を抱えている状況に、ファッションデザイナーたちは何を思うのか。日々変化する状況に対応しながら、それでもファッションの力を信じ続けるデザイナーたちの声を連載で紹介する。初回は、デザイナー歴24年で1月にはパリ・メンズ・コレクションにも参加した「メゾン ミハラヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」の三原康裕が、「肥満する業界」に提言する。

MAISON MIHARA YASUHIRO

三原康裕デザイナー

Q.今、デザイナーができることは?

A.仕事の意味を見直すよい機会だと思っている。しかしファッションデザイナー全員が慈善的な人間だと勝手に決めつけないでもらいたい。そこまでIQの高い職業ではない。ファッションデザイナーはこんな状況でも“新しい何か”を考え続ける、偏愛の強いエゴイスト。世の中に必要不可欠なもの考える人々を称賛はするが、私たちは“ファッション”という純粋な狂気に従順だ。だから私もこんな状況でもいつも通り、日々の生活から生まれるエゴイスティックなクリエイションを続けている。それが私たちファッションデザイナーだから。1996年から“デザイナー”という仕事を続けているが、今の状況は確かに異常である。ただ、すでにテクノロジーの進化とともにファッションも肥満し、以前の世界とは変わり果ててしまっていた。ある時代から何か不愉快な世界になってしまったというか、もう取り返しのつかない状況になっていたのは多くの人も感じていたはず。だからある意味、いい機会ではあると思う。このファッション業界の不快な茶番劇が変わる機会になればと願う。


【自社での取り組み】

 新型コロナウイルス感染対策への支援として、ブランドの公式サイトで支援機関のウェブサイトをシェアする試みを開始した。また、オンラインストアでアーカイブコレクションを初めて販売し、売上金の一部を支援金として寄付するという。


最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら