ファッション

【平成プレイバック】 靴職人の五宝賢太郎が振り返る「『ミハラヤスヒロ』という教科書」

 平成の靴カルチャーを振り返ると、「ナイキ(NIKE)」や「アディダス(ADIDAS)などのハイテクスニーカー、「クリスチャン・ルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN)」や「セルジオ・ロッシ(SERGIO ROSSI)」などのラグジュアリーパンプスが印象的ですが、デザイナーの三原康裕の存在も大きかったと思います。

 靴のデザインにギミックやレイヤー、オマージュなどの要素を用いて、見る人にも履く人にも、そして靴デザイナーを志す人にもわかりやすい「ヒント」を靴に仕込んだから。服のデザインでは当たり前だったことを、靴では三原さんがレールを敷いてくれたように感じます。例えば、土踏まずのないパンプスなどです。「プーマ(PUMA)」との協業も印象的でした。靴という30cmもないサイズの生活用品の表現の幅を広げた存在だと思います。

五宝賢太郎:1981年徳島県生まれ。茨城大学生活用品デザイン科に進学し、在学中に埼玉県蕨市の靴匠、稲村有好に弟子入り。2007年に工房を引き継ぎ、10年に名称を現「グレンストック」とし、オーダーシューズの受注を開始。15年に六本木店をオープン PHOTO : KOUSUKE MATSUKI

【業界人の「平成プレイバック」
ファッション・ビューティ業界の若手からベテランまで「平成時代に印象に残った出来事」とは?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。