ファッション

女性の色気や強さを引き出すフェティッシュなデザイン 「クリスチャン ダダ」出身者が新ブランドをスタート

 新たなウィメンズブランド「フェティコ(FETICO)」が2020-21年秋冬シーズンにデビューする。昨年ブランド終了を発表した「クリスチャン ダダ(CHRISTIAN DADA以下、ダダ)」でウィメンズを手掛けてきたデザイナーの舟山瑛美が、同じく「ダダ」でパタンナーを務めてきた高浜温子と2人で立ち上げた。ブランド名は、学生時代からアズディン・アライア(Azzedine Alaia)やジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier)らのフェティッシュなテイストが好きだったという舟山デザイナーのニックネーム。その名の通り、「フェティコ」は女性の色気や強さを引き出すデザインが特徴的だ。


 デビューシーズンは、ショルダーにチュールの装飾を施したテーラードジャケットや袖を絞った胡蝶蘭柄のワンピースをはじめ、ビスチェ風トップスやウエストマークを施したフリルシャツなど、肩やウエストなどのボディーラインの強弱を意識したラインアップ。舟山デザイナーは「着た人の体がきれいに見えるシルエットになるように、パターンや素材に気を使っている。シンプルで美しい服がたくさんある中で『フェティコ』では、いつかビンテージになることを考えながら、ユニークな服を作りたい」と話す。素材や縫製の背景は新潟のプリント生地の工場や、岐阜や山形、東京の縫製工場など、「ダダ」から継続した国内工場で生産しており、クオリティーや完成度も高い。

 価格帯はアウター7万8000~12万8000円、ニット2万2000~4万円、ドレス4万5000~6万8000円、トップス2万~4万8000円、ボトムス3万6000~4万7000円など。取り扱いは大阪のリトマス(LITMUS)や、兵庫・神戸のムース(mousses)、福岡のドクターフィールグッド(Doctor feel good)などのセレクトショップのほか、自社のオンラインでの販売も予定している。


 舟山は、高校卒業後に渡英し、マランゴーニ学院(Istituto Marangoni)のロンドン校でファウンデーションコースを修了後に帰国。エスモードジャポン東京校でファッションデザインを学んだ後、国内のDCブランドで経験を積み、「クリスチャン ダダ」でウィメンズデザイナーを務めたキャリアを持つ。


最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら