ファッション
特集 全国各地の名物セレクトショップ 第15回 / 全19回

イオンの客層にデザイナーズ? 常識にとらわれない老舗の哲学【岡山・インターナショナルリレーション】

有料会員限定記事

PROFILE: 与田卓士/インターナショナルリレーション社長(右)

与田卓士/インターナショナルリレーション社長(右)
PROFILE: (よだ・たくお)岡山県倉敷市出身。大学卒業後、服好きが高じて県内のセレクトショップ「ティーケーカンパニー」にオープニングスタッフとして就職し、12年間勤務した。同店を退職後は「お客さまや取引先さまと良好な関係を築く」という意味を込めて「インターナショナルリレーション」をスタート。直接会って話を聞くことに重きを置き、日々展示会をまわっている。現在は息子の与田雄人サブマネジャー(左)もバイイングに加わり、二人三脚で店舗を運営している

岡山/INTERNATIONAL RELATION

顧客や取引先とより良い関係を築く。そんな思いが名前に込められた「インターナショナルリレーション」。ファッション業界歴約40年の与田卓士社長が買い付けを担い、1階にはメンズウエア、2階にはウィメンズウエアとインポートブランドという構成になっている。「お客さまに楽しんでもらえるのが一番大切」と話す通り、「ダブレット(DOUBLET)」や「ストーンアイランド(STONE ISLAND)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「フェティコ(FETICO)」「マメ クロゴウチ(MAME KUROGOUCHI)」など、名の知れた国内外のブランドをバランスよくそろえる。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月12日号からの抜粋です)

路面店とイオン店で顧客の間口を広げる

倉敷市出身の与田社長は大学卒業後、かつて岡山市内にあったセレクトショップにオープニングスタッフとして入社した。「店が成長する姿を近くで見られたのがよかった」。12年にわたってノウハウを学んだ結果、自身の店を岡山駅周辺で始めようと決意する。1997年から「オランダ通り」商店街や地元の商業施設などでメンズウエア専用とウィメンズウエア専用、インポートブランド専用の3店舗を次々にオープン。幾度か移店・改装を繰り返しながら、2016年に全店舗を集約した現在の「インターナショナルリレーション」が出来上がった。現在は息子である与田雄人サブマネジャーも店舗経営に加わり、父のバイイングにも付き添い始めた。

この続きを読むには…
残り587⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。