ファッション
特集 全国各地の名物セレクトショップ 第14回 / 全19回

“伝説のセレクトショップ”元店長のこだわりライフスタイル提案【奈良・ヘルデン】

有料会員限定記事

PROFILE: 奥本誠/ヘルデン社長

奥本誠/ヘルデン社長
PROFILE: (おくもと・まこと)1976年生まれ。奈良県出身。高校時代は古着メインだったが、大学時代に裏原カルチャーの影響を受け、伊勢市にあった伝説のセレクトショップ「アップステア」に通い始める。大学卒業後、同店に入社。2年間店長を務め、店が閉店するタイミングで奈良に帰郷。大学時代に知り合い、23歳で結婚した桂子さんと「ヘルデン」を開店する。趣味はアウトドアとキャンプ。桂子さんと日本アルプスに行ったり、お客さまと奈良の近隣の山を登ったりするのが楽しみ。店で扱っているキャンプグッズを使い、実際に使った様子などをインスタグラムに投稿している

奈良/Helden

近鉄奈良駅から南へ徒歩5分。観光客に人気のならまちにも近い通り沿いにセレクトショップ「ヘルデン(HELDEN)」がある。「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」などメンズのドメスティックブランドを中心に、ウィメンズ、アウトドアグッズ、陶器、家具、植物なども取り扱うライフスタイル提案型のショップだ。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月12日号からの抜粋です)

造花の立体アートやステンドグラス制作も

奥本誠オーナーは、大学時代を過ごした三重県で伝説のセレクトショップ「アップステア」の店長を務め、29歳のとき、奈良にUターンして独立開業。現在取り扱うファッションブランドのほとんどが「アップステア」から引き継いだもので、常連客のなかには当時からのブランドのファンが多いという。「ほとんどのブランドが、奈良県内では当店でしか扱っていない。大阪や京都の中心地に行けば、ブランドの直営店はあるが、奈良に足を運んでもらえるよう、店作りやスタイリング提案で差別化している」と話す。

この続きを読むには…
残り955⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。