ビジネス
特集 全国各地の名物セレクトショップ 第18回 / 全19回

「ここはビューティワンダーランド」 アイデアマンの社長率いる専門店【広島・ルック】

有料会員限定記事

PROFILE: 岡崎芳明/ルック社長

岡崎芳明/ルック社長
PROFILE: (おかざき・よしあき)1962年生まれ。福山市の商店街で、3代目社長だった父・岡崎大三郎の背中を見て育つ。83年にルック入社。フランス風のバリアフリー店舗や、白が主流だった当時は珍しかった黒基調の店舗などをオープンさせ、次々に話題を呼ぶ。2000年には社長に就任し、「家業から企業へ」と会社の方針を明確に打ち出す

広島/LOOK

「ポーラ」や「オルビス」などの日本を代表するビューティブランドが、化粧品専門店の初出店場所に選んだ店舗が広島にある――。それが「ルック さんすて福山店」だ。597㎡の広大なスペースでドラバラコスメや百貨店ブランド、美容家電や香水が価格帯に関係なく並ぶほか、薬剤師を雇用してカラーコンタクトを扱い、毛穴ケアエステカウンターまで用意する。福山市に4店舗、兵庫県に3店舗を展開するルックの岡崎芳明社長は、「正直、化粧品店とも専門店ともくくれない。うちはお客さまをきれいにする“ビューティワンダーランド”だから」と語る。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月12日号からの抜粋に加筆・修正したものです)

「日本のビューティブランドを応援したい」

2023年6月で創業100周年を迎えた同社は一族経営。岡崎社長は4代目であり、幼いころから化粧品に囲まれた生活をしてきた。33歳にして父の下で社長代理を務め、以降は着々と店舗網を広げながら業績を伸ばしてきた。現在は福山市の大規模商業施設4つに出店しており、同市の人口数で見ると10代女性で3人に1人、20代で4人に1人の割合で、年に1度は「ルック」で買い物をしているという計算になるという。中でも、22年に全面改装して売り場面積を増やした「さんすて福山店」は一部化粧品メーカーから、最高クラスの売上高を誇る優良卸先として認定されている。1989年には、ビューティカウンターを設置しない完全セルフサービスの店舗、2002年には「漫画のような」豪華なバリ島風の店舗をオープン。世界観も併せて商業施設かいわいで評判となり、兵庫県の商業施設からオファーを受け、03年に県外進出を果たす。

この続きを読むには…
残り460⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。