フォーカス

連載「今、デザイナーができること」Vol.20 ナカアキラ「社会が求める価値を見極めること」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中で不透明な状況が続いている。そんなときに、ファッションは何ができるのか。生産者から販売員まで業界全体が不安を抱えている状況に、ファッションデザイナーたちは何を思うのか。日々変化する状況に対応しながら、それでもファッションの力を信じ続けるデザイナーたちの声を連載で紹介する。今回は、冷静かつ鋭い視点のビジネス感をもつ「アキラ ナカ(AKIRA NAKA)」のナカアキラ=デザイナーがコロナ収束後の価値観の変化を予測する。

AKIRA NAKA

ナカアキラ=デザイナー

Q.今、デザイナーができることは?

A.今は、ウィズコロナ時代に価値を提供するためにさまざまなことを考えて学ぶこと。新しい市場での価値や、それを生み出すためのチームの再考や備えについてなど考えることは山ほどある。生産者と協力して連携を強めることも重要だがもちろん生き延びてこそなので、ブランド存続のために今この市場で何を売ろうという考えよりも、長いスパンで顧客と社会が求められている価値を見極めることが大事だと思う。ただこれは、コロナ危機の収束に要する期間も大きく影響されることではある。奇跡的に数カ月で収束すれば、人の価値観にさほど大きな影響は出ないだろう。しかし半年や1年を要するならば、マーケットも人も価値観が激変する。さらに数年単位で続くなら、洋服の立ち位置すら変わる可能性がある。ルームウエアの多様性や、アバターのような仮想空間においての装いまでファッションデザイナーは考えなくてはいけないかもしれない。ただ人の装いをデザインすることは、どんな社会が訪れても非常に重要なものだ。ブランドとしてそれぞれの社会を見つめてクリエイションし、その価値を還元していくことに変わりはないと思っている。