ファッション

「ブルーボトルコーヒー」専用のキャッシュレス自販機が渋谷の駐車場に登場

 ブルーボトルコーヒージャパンは「ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)」専用の自動販売機を8月7日に東京・渋谷の駐車場に設置した。

 “ブルーボトルコーヒー・クイック・スタンド(BLUE BOTTLE COFFEE QUICK STAND)”と名付け、「三井のリパーク」渋谷1丁目第9駐車場で2台が稼働している。コーヒー豆(200g、1473円)、3フレーバーのコールドブリュー缶(各236mL、582円)、インスタントコーヒースティック(5本入り、1473円)とエコカップ(1800円)を販売している。

 「ブルーボトルコーヒー」の店舗と同様に国内の自社焙煎所で焙煎したコーヒー豆を使用し、シーズンに合わせて用意する商品も替える予定だ。なお、自動販売機での商品の販売は同ブランド初の試みだ。支払いはキャッシュレスのみの対応で、交通系ICカードかクレジットカードが使用できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら