ビジネス

ファーフェッチが取締役陣を入れ替え ネッタポルテ創業者らが退任

 ラグジュアリーECのファーフェッチ(FARFETCH)は、取締役メンバーを刷新する。ジョゼ・ネヴェス(Jose Neves)会長兼CEOを含む8人のうち、「ネッタポルテ」創業者でファーフェッチの共同会長を努めたナタリー・マセネット(Natalie Massenet)や大株主のJDドットコム(京東集団)のチーフ・ストラテジー・オフィサーのジョン・リャオ(Jon Liao)ら5人が退く。代わってタペストリー(TAPESTRY)で昨年までCEOを務めたビクター・ルイス(Victor Luis)、ブッキング・ドットコム(Booking.com)の前CEOで現会長のギリアン・タンズ(Gillian Tans)ら4人が就任した。ファーフェッチは刷新の理由を「2018年のIPOを経て、新たな経営体制が必要だったため」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら