ファッション

三菱ケミカルと東京大学がサーキュラーエコノミー実現で提携 ファッションのサステナビリティ推進に期待

 三菱ケミカルは東京大学との産学連携により、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現に向けて協働していくことを合意した。

 これは、東京大学の未来ビジョン研究センターが8月1日に開設したグローバル・コモンズ・センターの活動に対して三菱ケミカルが寄付を行うとともに、資源の循環・有効活用の観点で素材産業が目指すべきビジネスモデル等について共同研究するというもの。これに伴い、東京大学理事でグローバル・コモンズ・センターダイレクターの石井菜穂子氏が三菱ケミカルのシニア・エグゼクティブ・フェローに就任した。

 グローバル・コモンズは、地球環境の持続可能性を確保するため、社会・経済システムのモデルと道筋を科学的に示すことを目標としている。

 三菱ケミカルホールディングスグループは“カイテキ(KAITEKI)”というビジョンのもと、事業活動を通じた持続可能な社会の実現に取り組んでおり、三菱ケミカルは今年4月1日付で、社長直轄の組織としてサーキュラーエコノミー推進部を設けた。三菱ケミカルは地球環境を保全するというグローバル・コモンズ・センターのミッションに賛同し、その活動を支援して協働することを決めたという。具体的な施策は未定だが、三菱ケミカルはウィメンズウエアをはじめインナー、スポーツウエア、寝装品、インテリアなど幅広い用途に繊維を供給しており、ファッション、生活用品の分野でもサーキュラーエコノミーの実現が期待される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。