ファッション

「テバ」が次世代アウトドアブランドとコラボ サステナブルな限定モデル発売

 スポーツサンダルのパイオニアとしても知られる「テバ(TEVA)」は、次世代アウトドアブランドの「コトパクシ(COTOPAXI)」と協業して限定サンダルとウインドブレーカーを7月29日に発売した。全てのアイテムは「コトパクシ」の製造工程で生じた残布やリサイクル素材を使用。「テバ」公式サイトで8800円から購入可能だ。なお日本ではサンダルのみの販売。

 「コトパクシ」はユタ州に2店を構える新興ブランド。2013年の創業以来“ギアー フォー グッド(Gear for Good)”という信念のもとに、環境問題や発展途上国の貧困といった社会問題の解決に取り組んでいる。その姿勢は注目を集め、アメリカのミレニアル世代から厚い支持を得ているという。

 このコラボでは「テバ」の看板商品“オリジナル ユニバーサル”サンダルの男女用をそれぞれネオンカラーにアレンジした。ウインドブレーカーは、再利用のポリエステルタフタを使用してユニセックスに展開。優れた耐久性とはっ水性を持たせた。

 サンダルのストラップにはペットボトルなどをリサイクルして作られたレプリーブ(REPREVE)ポリエステルと、「コトパクシ」の残布の組み合わせを採用している。またミッドソールには非常に軽量で、塩素を含まないことから無公害のプラスチック素材といわれるEVA樹脂が使われている。

 「テバ」と「コトパクシ」はともにサステナブルな資源の調達や生産に重点をおくブランドだ。「テバ」のアンダース・バーグストロム(Anders Bergstrom)=ゼネラルマネジャーは「このコラボレーションは、何よりも価値観が合うことを称えるものだ。だからこそ、話題性が優先された多くのコラボレーションとは一線を画していると思う」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら