ファッション

「ユニクロ」20-21年秋冬の注力商品“スマートパンツ” テレビCMに深田恭子を起用

 「ユニクロ(UNIQLO)」は「きれいも、ラクも、これ一本でかなう、ニューノーマルの時代にふさわしいパンツ」として、“スマートパンツ”を発売する。テレビCMには女優の深田恭子を起用し、8月17日から放映を開始した。

 “スマートパンツ”は、20-21年秋冬からメンズ、ウィメンズで打ち出す注力商品。ヒット商品の“感動パンツ””EZYアンクルパンツ”などに連なる商品で、ビジネスや子育て、お出かけなど、日常のさまざまなシーンをカバーするというコンセプト。そのために、横にも縦にも伸びる2ウェーストレッチ、家庭での洗濯が可能なイージーケア、ウエストストレッチ、センタープリーツなどで見せるきれいなシルエットといった機能・要素を盛り込んだ。コロナ禍によるリモートワークの増加などを受けて着心地の楽な商品へのニーズは高まっているが、“スマートパンツ”はリラックスした着心地でありつつ、見た目もクリーンという点がポイント。

 素材はコットンやウール調、コーデュロイなどをそろえ、今秋はウィメンズは3型、メンズは7型をラインアップする。価格は2990円中心、ヒートテック機能を盛り込んだタイプは3990円。

 CMに出演した深田恭子は、「普段から『ユニクロ』は愛用しており、やっぱり着心地がいい。今回着用した“スマートパンツ”も、シルエットはきっちりとしたキレイ目パンツなのに、はき心地が非常に楽だった」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら