ファッション

リアーナの「フェンティ」が、高級EC「ファーフェッチ」で販売 スキンケアブランドも立ち上げ

 リアーナ(Rihanna 本名:ロビン・リアーナ・フェンティ)によるラグジュアリーブランド「フェンティ(FENTY)」は15日、ラグジュアリーEC「ファーフェッチ(FARFETCH)」で取り扱いを開始した。他社ECでの取り扱いはこれが初めて。“リリース6-20(Release 6-20)”と題した新作コレクションや夏に向けたさまざまなウエアのほかにも、デザイナーのアミナ・モアディ(Amina Muaddi)が手掛けるシューズラインや、ジュエリーなどを販売している。

 「ファーフェッチ」のジョルジョ・ベローリ(Giorgio Belloli)=チーフ・コマーシャル&サステイナビリティ・オフィサーは「『フェンティ』のラグジュアリーブランドに対する革新的なアプローチの仕方や、包括性への取り組みに強く心を引かれていた。『フェンティ』はデジタル・ファーストで行ってきたビジネスを拡大するためのパートナーを探しており、私たちはグローバルな顧客層と業界をけん引するプラットフォームを持っている。絶好の機会だと感じた」と述べた。これにより「フェンティ」は、ブラジルや中東といったこれまで進出していなかった地域へのアプローチも可能になるという。

 また「フェンティ」はスキンケアブランド「フェンティ・スキン」を立ち上げ、31日に発売する。詳細は明らかではないが、19年3月に薬用のスキンケアや下地類、クレンジング用品のほか、化粧ポーチやクレンジング用スポンジ、メイクブラシ、角質取りタオル、顔用ローラーなどで商標を出願している。

 リアーナは本業の歌手としての活動だけでなく、今やファッション・ビューティ業界に欠かせない人物だ。19年にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)とともに「フェンティ」をラグジュアリーブランドとして設立し、他に先駆けて多様性や包括性に取り組みながらファッション業界の新しいスタンダードを築いている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。