ビジネス

ファーフェッチが中国市場強化 中国EC市場戦略サービス企業を買収

 ロンドンに拠点を置く大手ファッションEC企業ファーフェッチ(FARFETCH)はIT企業キュリオシティチャイナ(CURIOSITYCHINA)を買収した。北京、香港、上海、パリに拠点を置くキュリオシティチャイナは「バリー(BALLY)」「ディーゼル(DIESEL)」「セルジオ ロッシ(SERGIO ROSSI)」「トリーバーチ(TORY BURCH)」などのブランドに、中国でのSNSおよびEC戦略サービスや顧客関係管理サービスなどを提供している企業だ。

 キュリオシティチャイナの買収により、ファーフェッチは自社が提供しているECサイトの構築・デザイン・運営、カスタマーサービス、在庫の一元管理などのサービス“ブラック&ホワイト ソリューションズ”を、中国市場をねらうブランドに向けて強化する。

 ファーフェッチのジョルジョ・ベローリ(Giorgio Belloli)チーフ・コマーシャル&サステイナビリティー・オフィサーは「キュリオシティチャイナは、80以上のラグジュアリーブランドとビジネスをしている、市場をリードする企業。今ブランドは中国市場でのプレゼンスを高め、現地の方法で中国顧客とコミュニケーションすることを望んでいる。キュリオシティチャイナを買収したのは、彼らのサービスがわれわれの“ブラック&ホワイト ソリューションズ”で欠けているものを完璧に補完できるものだったからだ。今ブランドに提供しているサービスにさらに専門的な観点からのサービスを加えることができる」と語る。

 ファーフェッチに出店しているブランドは、キュリオシティチャイナのサービスを活用してウィーチャット(微信、WeChat)アカウントの運営や、ウィーチャット上でECサイトを作成できるプログラム「ミニプログラム」などを利用できるという。

 なお、ファーフェッチは2017年7月に中国第2位のEC企業JDドットコム(JD.com)から3億9700万ドル(約436億円)の資金を調達している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。