ファッション

ハワイ発「リリー&エマ」が日本初店舗 材木座と江ノ島に2店舗同時オープン

 編集プロダクションのP.M.A.トライアングル(東京、谷本裕英・社長)は、米ハワイで運営するアパレルブランド「リリー&エマ(LILLY & EMMA)」の日本初の店舗を鎌倉・材木座と藤沢・江ノ島に7月20日、同時オープンした。両店舗ともアパレル店舗にブランド初のカフェ「フィール アロハ カフェ(FEEL ALOHA CAFE)」を併設する。運営は芸能事務所のビーチウォーカーズと共同で行う。

 ビーチリゾートをモチーフにしたワンピースや速乾性素材を使った“FEEL ALOHA”シリーズのTシャツ、リゾートポーチの他、日本限定のアイテムも展開予定。店内のカフェスペースでは、ではさまざまなハワイアンフードを用意し、ショップとともにフードからファッションまでハワイを感じることのできるスポットとして発信する。

 イメージモデルには、今年3月の東京ガールズコレクションに出演した米マイアミ出身のモデルで歌手のセリーヌ・ファラッチ(Celine Farach)を起用。セリーヌは、21日に行われた店舗のオープニングイベントに登場。湘南の海が一望できる虹のフォトスポットをバックに「きれいな景色とかわいいアイテムやハワイアンフードとともにハワイを感じながら楽しんで欲しい」と語った。

 「リリー&エマ」は、ハワイで生まれ育った姉リリーと妹エマの“姉妹のクローゼット”をコンセプトにしたリゾート・アイランドファッションブランド。2014年12月にワイキキ・カラカウア通りに1号店をオープンし、今回の日本でのオープンが海外初出店となる。“FEEL ALOHA”の文字プリントされたTシャツやトートバッグなどがブランドのアイコニックなアイテムだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら