ニュース

「シャネル」2018年秋冬メイクは質感を重視 マットなカラーアイテムを発売

 「シャネル(CHANEL)」は8月24日、2018年秋冬のメイクアップコレクション「アポセオシス ル マット ドゥ シャネル」を発売する。今回のコレクションはマットな質感に注目し、鮮やかなカラーとの組み合わせを楽しむアイテムをそろえた。

 目元はマットなブラウンカラーをラインアップ。4色のアイシャドウパレット「レ キャトル オンブル」にはブラウンやベージュを基調とした「クレール オブスキュール」とマットなブルーの「クワイエット レボリューション」の新2種(各6900円)が加わる。また、アイシャドウとライナーの2役をこなす「スティロ オンブル エ コントゥール」もブラック、ベージュ、ブルーの新3色(各3900円)を発売する。

 リップカラーは目を引くカラーが多く、クリーミーなクレヨンタイプの新リップ「ル ルージュ クレイヨン ドゥ クルール マット」には鮮やかなレッドやパープルなど全6色(各3900円)が登場。また「ルージュ アリュール インク」はモーブピンクなど新4色(各4200円)を用意する。また、パウダーチーク「ジュ コントゥラスト」にもモーブピンクの新色「カンテサンス」(5800円)を加えた。

 ネイル「ヴェルニ ヴェルヴェット」もマットな新2色(各3200円)が登場し、鮮やかなレッドと深みのあるバーガンディが指先までマットに仕上げる。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら