ニュース

「シャネル」2018年秋冬メイクは質感を重視 マットなカラーアイテムを発売

 「シャネル(CHANEL)」は8月24日、2018年秋冬のメイクアップコレクション「アポセオシス ル マット ドゥ シャネル」を発売する。今回のコレクションはマットな質感に注目し、鮮やかなカラーとの組み合わせを楽しむアイテムをそろえた。

 目元はマットなブラウンカラーをラインアップ。4色のアイシャドウパレット「レ キャトル オンブル」にはブラウンやベージュを基調とした「クレール オブスキュール」とマットなブルーの「クワイエット レボリューション」の新2種(各6900円)が加わる。また、アイシャドウとライナーの2役をこなす「スティロ オンブル エ コントゥール」もブラック、ベージュ、ブルーの新3色(各3900円)を発売する。

 リップカラーは目を引くカラーが多く、クリーミーなクレヨンタイプの新リップ「ル ルージュ クレイヨン ドゥ クルール マット」には鮮やかなレッドやパープルなど全6色(各3900円)が登場。また「ルージュ アリュール インク」はモーブピンクなど新4色(各4200円)を用意する。また、パウダーチーク「ジュ コントゥラスト」にもモーブピンクの新色「カンテサンス」(5800円)を加えた。

 ネイル「ヴェルニ ヴェルヴェット」もマットな新2色(各3200円)が登場し、鮮やかなレッドと深みのあるバーガンディが指先までマットに仕上げる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら