ニュース

「シャネル」2018年秋冬メイクは質感を重視 マットなカラーアイテムを発売

 「シャネル(CHANEL)」は8月24日、2018年秋冬のメイクアップコレクション「アポセオシス ル マット ドゥ シャネル」を発売する。今回のコレクションはマットな質感に注目し、鮮やかなカラーとの組み合わせを楽しむアイテムをそろえた。

 目元はマットなブラウンカラーをラインアップ。4色のアイシャドウパレット「レ キャトル オンブル」にはブラウンやベージュを基調とした「クレール オブスキュール」とマットなブルーの「クワイエット レボリューション」の新2種(各6900円)が加わる。また、アイシャドウとライナーの2役をこなす「スティロ オンブル エ コントゥール」もブラック、ベージュ、ブルーの新3色(各3900円)を発売する。

 リップカラーは目を引くカラーが多く、クリーミーなクレヨンタイプの新リップ「ル ルージュ クレイヨン ドゥ クルール マット」には鮮やかなレッドやパープルなど全6色(各3900円)が登場。また「ルージュ アリュール インク」はモーブピンクなど新4色(各4200円)を用意する。また、パウダーチーク「ジュ コントゥラスト」にもモーブピンクの新色「カンテサンス」(5800円)を加えた。

 ネイル「ヴェルニ ヴェルヴェット」もマットな新2色(各3200円)が登場し、鮮やかなレッドと深みのあるバーガンディが指先までマットに仕上げる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら