ニュース

「シャネル」の夜を表現した2018年新作アイメイク 1本で2役のアイカラーペン登場

 「シャネル(CHANEL)」は7月6日に、2018年のアイメイクコレクションを発売する。アイテムは夜の雰囲気や人工的なネオンの輝き、マットの質感などからインスピレーションを得た。

 新製品にはアイカラーやアイシャドウベース、マスカラをそろえる。新アイカラー「スティロ オンブル エ コントゥール」全4色(各3900円)は、クリーミーなペンタイプ。ぼかしたり、目の際にインサイドラインを引いたりとアイシャドウやアイラインとして使用できる。新アイシャドウベース「ラ バーズ オンブル ア ポピエール」(3900円)はジェルタイプで、リップグロスのようなケースが見た目にも可愛らしい。

 マスカラの新作「ディマンシオン ユルティム ドゥ シャネル」(4200円)は、艶やかなブラックで、まつ毛1本1本をセパレートして長くきれいな扇状に仕上げる。皮脂やこすれに強いスマッジプルーフタイプと機能性も備える。

 定番品には夜がテーマの新色が加わる。人気の4色アイシャドウパレット「レ キャトル オンブル」には限定2種(各6900円)が登場。ゴールドがきらめくコッパー、ブラウン、ピーチなどの「304 ミステール エ アンタンシテ」と、エメラルドグリーンやピーコックブルーにブラックを合わせた「306 スプランドゥール エ オダス」をそろえる。また、クリームシャドウ「オンブル プルミエール クレーム」新2色(各3900円)とパウダーの単色シャドウ「オンブル プルミエール プードゥル」新2色(各3900円)も発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら