ニュース

「YSL」が顔に使うチョークを発売 トム・ペシューのデビューコレクション

 「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」は、2017年にグローバル・ビューティ・ディレクターに就任したトム・ペシュー(Tom Pecheux)が手掛けるデビューコレクションを7月27日に発売する。コレクションのテーマは、ブランドの2つのアイコンである“Y”とパープルを掛け合わせた“YCONIC PURPLE”。着想源はブランド創始者のイヴ・サンローランが1962年に初めて発表したコレクションに登場したパープルカラーと、現クリエイティブ・ディレクターのアンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)のクリエイションになっている。

 コレクションの目玉は限定のアイシャドウパレットとチョークで、「クチュールチョーク」はアイ、リップ、チークとマルチに使えるアイテム。まるでパウダーを伸ばしているかのようなサラサラとした仕上がりと高い発色性が特徴。ブラック、ヌード、ブロンズ、レッドの4色をそろえる。

 アイシャドウパレット「パレット ワイコニックパープル」のカラーは、コレクションテーマのパープルとスタイリッシュなブラウン、ラメ入りのブルーブラック、ホワイト、ヌードの計5色。ブルーカラーが混ざったパープルは、メーンカラーとして大胆に使ったり、他のカラーの上にニュアンスカラーとしてなじませたりできる。

 また、ビニールのような艶感をイメージしたリキッドルージュ「ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ヴィニルクリーム」にはヌードとラベンダーカラーの他、昨年限定色として登場し即完売したブラウンレッドが新たに加わる。その他、アイコニックなリップスティック「ルージュ ピュールクチュール」には深みのあるプラムとビビッドなレッドが、ネイルポリッシュ「ラ ラッククチュール」にはバイオレットとモーヴが登場する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら