ニュース

人間国宝から伝統工芸とファッションの関係性を学ぶ 販売員に向けたトークショー

 日本プロフェッショナル販売員協会(以下、JASPA)は7月5日、日本の伝統工芸とファッションの関係性をテーマにした講演会「伝統と革新のコラボレーション~伝統工芸とファッションの新たな関係~」を東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催する。

 蒔絵の人間国宝である室瀬和美氏をゲストに、ファッションジャーナリストでブランドと伝統工芸のコラボを数多くプロデュースしてきた生駒芳子とのトークショーを実施。

 受講料は2000円で、受講者の対象は販売員、販売に関連する業務に携わる人、マーケティングやコミュニケーションの担当者など。参加申し込みは7月2日までJASPAのウェブサイト上で受け付けている。