ファッション

レナウンが働き方改革 “子育て社員と一緒に働くスタッフ”に手当を支給

 レナウンは、育児休職から復帰後に時短で勤務する販売員と一緒に働くスタッフに向けて「ほほえみサポーター手当の支給」を開始する。働き方改革の一環として3月1日から、対象のスタッフに月3000円を支給する。

 同社では、育児休職から復帰する販売員に短時間勤務の他、始業時間と就業時間の繰り上げと繰り下げなどの育児援助施策を実施している。子育てをする社員の勤務シフトや休日のフォローを行う同僚の負担を考慮して手当を支給することで、両者が安心して協力し合える環境づくりを目指す。

 レナウンは「ほほえみサポーター手当の支給」の他、「ワークライフバランス休暇」「テレワーク勤務」「年間休日数の増加と年間総労働時間の削減」の新たな3つの策を導入する。「ワークライフバランス休暇」は育児や介護、看護などと仕事を両立させる社員に向けて、年5回の特別休暇の取得を可能にするもの。「テレワーク勤務」は社内従業員に対し、週2日まで会社以外の場所での勤務を認めるもの。「年間休日数の増加と年間総労働時間の削減」は、店舗を除く本社、大阪支店、福岡オフィスでの従業員が対象。現在の年間休日数が115日、1日所定労働時間が7時間30分だったのに対し、2018年度は年間休日数を120日、1日所定労働時間を7時間20分にし、休日を増やし、就業時間を減らして生産性を向上させる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら