ファッション

サザビーリーグが奨学金の返済を支援 新入社員を対象に

 サザビーリーグは、新卒社員などに向けて在学中の奨学金の返済を支援する制度を2018年4月から導入する。最長5年間で1人あたり最大100万円を支給。この場合、5年間均等割りで、毎月1万7000円を給料に上乗せする。グループ企業12社を対象にする。

 同社は毎年100人前後の新卒社員を採用しているが、3年以内に入社した新卒社員を調査したところ、4割強が在学中に奨学金を利用していたことが分かった。今後も奨学金を利用する学生の増加が見込まれることから、返済の経済的負担を軽減させ、仕事に打ち込める環境を整える。

 同時に店舗に勤務する社員と契約社員を対象にした資格取得支援制度も導入する。毎年設定する予算内で資格取得費や資格試験受験料の一部を補助する。接客技術など会社として行う研修とは別に、スタッフの個性や関心に対応したキャリア支援策の一つとして打ち出す。

 近年、ファッション小売業では人手不足が顕著で、他業種も含めた人材争奪戦が激しさを増している。そのためには働きがいだけではなく、キャリア支援や福利厚生の充実が優秀な人材を確保するための欠かせない要件になっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。