ニュース

アダストリアが人事クラウドサービス導入、採用活動を戦略化

 アダストリアは8月、ビズリーチの人事クラウドサービス「ハーモス(HRMOS)採用管理」を導入し、デジタルを活用した採用を本格化する。多岐にわたる採用職種ごとの候補者とのやりとりや選考日程の調整などの採用業務の効率化を行うとともに、採用データの分析・可視化を推進し、今後の採用活動に生かす。提携する求人媒体や紹介会社ごとの採用数も管理し、効率的な採用活動を目指す。今後は採用活動に関する情報を「ハーモス」上で一元管理することで、企業文化の発信なども戦略的に行っていく考え。

 田中良興アダストリア人事総務部長は、「当社では、従業員一人ひとりがクリエイティビティーを発揮し、仕事と人生を楽しめる環境作りに注力している。その中で子育て支援制度に加えて、フレックスや在宅勤務、副業許可制など、新たな制度を拡充し、ライフステージに応じた働き方を選択できる会社作りを進めてきた。7月には本部を渋谷に移し、コミュニケーションを増やすためのオフィス作りに努めている。今後、『ハーモス』の活用を推進することで、働き方の選択肢を増やし、従業員一人ひとりがこれまで以上に活躍できる場を支えていきたい」とコメントする。

 ビズリーチの人事クラウドサービス「ハーモス」は、企業のための採用管理ツール。採用活動のデータの可視化・分析に加えて、過去の書類選考データから応募者の書類選考時の評価を予測する“書類選考評価予測AI”といった最新技術もある。電通デジタルやRIZAPグループ、オットージャパンなどのデジタル先進企業が数多く取り入れている一方で、アパレル小売企業への導入は多くない。「ある程度の採用人数を見込んでいて、採用を強化している企業が有用性を感じやすいサービス。アパレル業界でも導入が進み始めたばかり」と同社。